日給制のときに時間外賃金の計算方法

平日に仕事をしているとき会社から給料をもらうでしょう。

日給制のときに時間外賃金の計算方法
Contents

日給の場合は税金は支払う必要がないか

平日に仕事をしているとき会社から給料をもらうでしょう。そのときには源泉徴収として税金が差し引かれることがあります。これは決まりになっていて、それぞれの会社は給料を支払うときに一定額を控除することになっています。そしてそれを税務署に支払います。年の終わりに年末調整をすることで1年間の税金の精算が行えるので、その人自身は確定申告をする必要はありません。知らないうちに税金の支払いを終えていることになります。

平日は仕事をしながら、休日に単発で日給の仕事をすることがあるかもしれません。アルバイトに応募をしてのこともあるでしょうし、知り合いに仕事を依頼されて行うこともあるでしょう。このときの税金はどのようになっているかです。基本的にはこういった場合は源泉徴収はされません。ですから税金が引かれていない状態です。

では税金を払う必要がないかですがそうではありません。所得の一部になるので税金の支払いが必要です。どのようにして計算するかは確定申告をすることになります。2月から3月ぐらいまで税務署に行ったり、インターネット上から行ったりすることができます。継続的に行う場合には源泉されていることがあり、そのときには戻されることもあります。