日給制のときに時間外賃金の計算方法

健康保険は生まれたときから加入をします。

日給制のときに時間外賃金の計算方法
Contents

日給の場合の社会保険の加入

健康保険は生まれたときから加入をします。親の扶養に入っているため保険料を払っている意識はないでしょう。それが自分で加入できる場合があります。会社などに勤めるときになったときです。会社などで正社員として働くときは手続きをしてもらえますが、アルバイトなどで簡単な仕事をするときには何も手続きをしてもらえない場合があります。健康保険以外にも厚生年金も社会保険の一つとされているので、できれば入りたいこともあります。

日給の場合に社会保険に加入できるかですがもちろん加入できます。ただし年の収入がどれくらいになるかがポイントです。1年間の給料が一定額を超えるとみなされるときには加入手続きをしてもらえます。加入となると当然保険料などが発生するのでそれに応じて給料から差し引かれることになります。

一定額に達しないとみなされるときは手続きはされません。ですから加入はできません。親がいるなら親の扶養に入って健康保険を利用することになります。20歳になると国民年金に加入することになりますが、健康保険に加入していないなら厚生年金にも加入しないのでそのまま国民年金のままです。学生であれば自分で支払わないといけない場合があります。